[PR]

 冥王星の衛星カロンは巨大な天体衝突で生まれたことを、東京大と東京工業大の研究グループが再現実験などから突き止めた。クジラの模様に見えることで知られる冥王星の地表部分は、その衝突の跡だったこともわかった。成果は1月30日付の英科学誌ネイチャー・アストロノミーに掲載された。

 研究グループは、2015年に冥王星に接近した米航空宇宙局(NASA)の探査機ニューホライズンズがとらえた地表の映像に注目。長さ約3千キロのクジラのような形をする「クトゥルフ領域」に分布する褐色の物質を、地表の温度変化などを模擬した再現実験で作り出した。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら