【動画】においでシロアリを探すシロアリ探知犬「ビート」=金子和史撮影
[PR]

 知らぬ間にすみついて家に被害を与えるシロアリ。それを臭いで発見してくれる「シロアリ探知犬」が和歌山でデビューした。

 「シーク!(探しなさい)」。ハンドラーと呼ばれるリード役の宮嶋浩之さん(36)の指示で、ビーグル犬「ビート」(オス、1歳)が壁際でクンクンと鼻を動かす。シロアリを隠してあるクローゼットの前で、ぴたっと座り込んだ。「ショーミー(見せなさい)」。確認の指示を出すと、跳び上がるようにして発見を伝えた。

 ビートが所属するのは大手害虫駆除会社「アサンテ」(本社・東京)の和歌山支店。シロアリのかすかな臭いで、場所を嗅ぎ当てる訓練を重ねる。現場での発見率は90%以上という。

 床下に人が入ったり、壁や天井…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら