[PR]

 トランプ米政権のニッキー・ヘイリー新国連大使(45)が27日、ニューヨークの国連本部に初登庁し、同盟国であっても米国を支持しない場合には「断固たる姿勢で臨む」と記者団に述べ、多国間外交の場で米国の国益を強く求めていく姿勢を示した。

 ヘイリー氏は「(トランプ)政権の目標は米国の価値を国連で示すこと。そのために我々の強さを示し、立場を明確にする。米国は同盟国を支え、同じように同盟国が我々を支えているかも確認する」としたうえで、「我々を支持しない国には断固たる姿勢で臨み、相応の対応をしていく」と述べた。

 また、ヘイリー氏は「新鮮な目…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら