第22回県小学校バンドフェスティバル(県吹奏楽連盟・朝日新聞社主催)が28日、栗東市の栗東芸術文化会館さきらであった。小学校や地域で活動するクラブ、子どもたちを指導している教員らでつくる「琵琶湖オオナマズバンド」など15団体が、思い思いの音色を響かせた。

 卒業を控えた各団体の6年生による恒例の合同演奏では、約160人がステージに登場。「旅立ちの日に」を奏でた。指揮を務めた大津市立晴嵐小6年の西堀明李さん(12)は「緊張したけれど、メロディーを口ずさみながら楽しくできた。みんなが指揮を見てくれて、いい演奏になりました」と笑顔を見せた。(八百板一平)