[PR]

■シンガー・ソングライター 広瀬香美さん

 冬になると、広瀬香美が聴きたくなる。スキー用品を扱う「アルペン」のCMソングのためだけじゃない。パンチの利いた伸びやかな声は寒さを吹き飛ばし、安定した音程にほっと安らげる。

 シンガー・ソングライターとして25年。いま、その歌声をさらに研ぎ澄まそうとしている。「ロマンスの神様」など自作のキーを一つ上げて歌っているのだ。

 普通、年を重ねるとキーを下げる。上げるなんて聞いたことがない。しかも、広瀬の歌はもともと音の跳躍が多く転調を効かせた難曲ばかり。楽曲を提供したほかの歌手たちが悲鳴を上げるほどなのに……。

 「毎日少しずつ練習し、できないことに挑んでいる。3オクターブ半くらいだった音域も、調子がいいときっちり4オクターブ出るようになった」。さらに、「いつでも4オクターブ出るようにしたい」。

 天は“二物”も“三物”も与え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら