[PR]

 長崎市で開催中の長崎ランタンフェスティバルで29日、恒例の媽祖(まそ)行列があった。

 媽祖は航海安全の女神。江戸時代、長崎に入港した唐船は、船にまつっている媽祖を唐寺に運び、出港する際に再び船に運んだといい、その行列を再現した。爆竹の音を先頭に、中国服に身を包んだ市民らが練り歩き、街を彩った。

 媽祖行列は2月5日にもあり、午後2時から長崎市寺町の興福寺を出発し、市内を巡る。