[PR]

 春を告げる「伊豆大島椿(つばき)まつり」が29日、大島町で始まった。開会式典に合わせて小池百合子知事が就任後初めて訪島。3年半前の土砂災害からの復興の支援継続と共に、島の活性化に向けて外部有識者によるプロジェクトチームを立ち上げる考えを示した。

 小池知事は式典で「大島にはツバキなどすばらしい宝がたくさんある。都知事として島の魅力をどんどん探して磨き上げ、世界に発信していきたい」とあいさつした。都の新年度予算案には、大島を含めた島しょ部の魅力再発見とブランド化に向けた新事業に1500万円を計上している。

 知事は、国際優秀つばき園に昨年、学校として初めて選ばれた都立大島高校や土砂災害現場も訪れた。

 62回目となる椿まつりは島を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら