[PR]

■小さないのち 道に潜む危険

 子どもは自転車の交通事故が多い。小さいころは危険を予測する力が弱く、自転車の操作も不慣れだ。年齢が上がると、むちゃな走り方が増えてくる。

 ピンクの自転車は7歳の誕生日プレゼントだった。「行ってきます」。腰まで伸びた髪を母親に結ってもらって、ヘルメットをかぶり、大切にしていた22インチの「愛車」で家を出た。その2分後に事故は起きた。

 2015年5月の日曜日。愛知県春日井市の小学2年生、大西里奈さん(当時7)は朝9時前、地元のサッカークラブの練習に向かった。練習場所の小学校まで自宅から1キロ弱。

 刑事裁判の記録によると、里奈さんは住宅街の直線道路を走っていた。前には全長12メートルの大型トラックがあり、道路右側の駐車場にバックで入ろうとしていた。その脇を通り抜けようとした里奈さんは、自転車ごとトラックの後輪に巻き込まれて亡くなった。トラックには後部を映すモニターがあったが、運転手は十分に確認していなかった。

 里奈さんは小学校入学前から自転車に乗っていた。慣れた道だったが、一緒に通っていた5歳上の兄が中学生になり、1人で練習へ行くようになっていた。

 とにかく活発な子だった。よく…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら