[PR]

 日本の自動車大手8社が2016年に世界で生産した車は前年比3・2%増の2743万3140台で、5年連続の過去最高となった。米国や中国市場の好調を支えに輸出や海外での現地生産が増えた。一方、4年続けて販売世界一だったトヨタ自動車は、その座を独フォルクスワーゲン(VW)に譲った。

 トヨタのグループ販売は0・2%増の1017万5千台で、VWの1031万2400台を下回った。VWが中国での販売を大幅に伸ばした。

 大手8社の16年は、ガソリン安を背景にスポーツ用多目的車(SUV)などが米国を中心によく売れ、世界生産は日産自動車、ホンダ、マツダ、富士重工業が過去最高だった。

 国内生産は、燃費不正が発覚した軽自動車の低迷も影響し、0・4%減の871万3893台。ホンダは国内工場の稼働率を高めるため北米向け輸出を3倍超に増やし、8社全体でも輸出は2・4%増の435万1322台となった。

こんなニュースも