[PR]

 狩猟に魅せられる若者、女性が県内で急増中だ。特に女性は狩猟免許の取得者が5年で3倍以上に増えるなど、人気のレジャーになりつつある。野生動物による農作物への深刻な被害を減らしている「やりがい」も、背景にあるようだ。終盤にさしかかった狩猟シーズン。毎週末、銃を手に山へ向かう理由とは……。

 「野生動物との駆け引きが求められ、この緊張感は他では味わえない」。豊田市の会社員鈴木誠人(まこと)さん(32)はそう魅力を話す。

 一昨年秋から地元猟友会の先輩猟師たちと行動を共にしている。動物の足跡を見て、山を知ることが必要だと教えられ、奥深さを実感した。

 妻と2人の子どもとの晩ご飯で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら