[PR]

 コンビニ大手のローソンは1日、中堅コンビニ「セーブオン」(前橋市)と業務提携すると発表した。セーブオンの全店をローソンに切り替える。コンビニ業界では、独自の総菜などの商品力での競争が激化しており、中堅コンビニが大手と提携する動きが加速している。

 セーブオンは、北関東の流通業「ベイシア」グループ(前橋市)の傘下企業。2016年2月期の売上高は614億円。1月にローソンとフランチャイズ(FC)契約を結び、関東や新潟の全店にあたる約500店を、18年までにローソンに改装する。記者会見したセーブオンの平田実社長は「業界が寡占化し、人手不足で人件費も高騰している」と語った。

 セーブオンでは電子マネーが使えない店があり、現金自動出入機(ATM)の設置店も1割程度。ローソンに切り替えた後は、電子マネー対応やATMの設置が進む見通しだ。

 同様に地方の中堅コンビニと大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら