[PR]

 KDDIが2日発表した2016年4~12月期決算は、売上高が前年同期比6・8%増の3兆5222億円、営業利益は15・4%増の7757億円だった。総務省が「実質0円」などの行きすぎた端末値引きを禁じたことで値引きのための販売奨励金などが約650億円減り、利益を押し上げた。

 格安SIM業者への流出などで、auの携帯電話契約者は1・5%減った。UQモバイルなど傘下の格安SIM事業者の利用者は約6倍に増えたものの、auとの合計利用者数は約0・4%減ったという。

こんなニュースも