[PR]

 埼玉県川口市の路上で少女をエアガンで撃ち、けがをさせたとして、川口署は4日、同市里、会社員小島健司(24)と、戸田市笹目1丁目、会社員川村亮太(25)の両容疑者を傷害容疑で逮捕し、発表した。

 発表によると、2人は3日午後5時40分ごろ、川口市北園町の市道で軽乗用車の車内から、歩道を歩いていた同市の女子中学生(13)にそれぞれが持っていたエアガンでBB弾を乱射し、尻にけがを負わせた疑いがある。ともに容疑を認めており、両容疑者は会社の同僚という。

 川口市では1~3日にかけて、女子高校生(16)がプラスチックの弾で撃たれるなど、同様の被害が数件確認され、若い男が車中からエアガンで撃ったとみられていた。警戒中の警察官が、車の特徴などから職務質問したところ、犯行を認めたという。同署は他の被害との関連を調べている。