[PR]

 豊田市黒田町の関谷醸造吟醸工房で5日、田んぼオーナーが豊根村の茶臼山のふもとで昨年栽培した米を使って「マイ地酒」の仕込みを体験した。

 豊根村の集落営農組織「茶臼の里」が耕作放棄地を活用し、田んぼオーナーを募集。都会から集まった参加者が、昨年9月下旬にチヨニシキ約4・7トンを収穫した。

 今回初めて自分でつくった米で地酒を仕込む体験を取り入れた。この日は、名古屋市や岡崎市などから家族連れら約30人が参加した。

 工房では、約90キロの米を蒸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら