[PR]

 自民党の二階俊博幹事長は7日の定例記者会見で、慰安婦問題をめぐる対抗措置として政府が長嶺安政・駐韓大使を一時帰国させていることについて、「空白はできるだけ少ない方が良いから、早いうちに現地にお帰り頂くことを政府も考えているでしょうが、当然早いうちの方が良い」と述べ、早期の帰任を求めた。

 長嶺大使は1月9日に一時帰国し、大使の不在は1カ月に及ぶ。二階氏は「引き揚げたまでは良かったが、いつ帰すんだろうかと、引き揚げ発表の瞬間に私は思っていた」とも語り、政府の見通しが十分だったか疑問を呈した。

こんなニュースも