[PR]

 電子書籍の登場が日本の出版業界を劇的に変えつつある。テクノロジーの進化は、「黒船」来襲の脅威だけでなく、新しいビジネスチャンスも生む。「最大の書店」となったアマゾンとの距離感に悩む業界の現状を報告する。

 「お金が持たなくなった。キンドルアンリミテッドでの配信を中断したい」

 昨夏、ある大手出版社の役員は、アマゾンジャパンの担当者からの電話に耳を疑った。

 「キンドルアンリミテッド」は、ネット通販大手アマゾンが昨年8月に始めた新サービス。月額税込み980円の利用料で12万冊以上の和書、120万冊以上の洋書の電子書籍が読み放題になる。書籍を提供した出版社は、読まれた実績に応じてアマゾンから代金を受け取る仕組みだ。

 サービスが始まると直後から読者が殺到。アマゾンが用意した予算を超えてしまったため、この出版社の本をサービスの対象外にしたいと懇願してきたのだという。「電話一本でいきなり中断したい、と。あまりにも一方的すぎる」。この大手出版社役員は憤る。

 講談社もサービス開始早々、好評な自社の書籍の配信が止まり、昨年9月末には全1200点が見られなくなった。同10月に「配信の一方的な停止に強く抗議する」と声明を発表。社長の野間省伸(よしのぶ)(48)は「著者と話し合って提供を決めたのに、著者の方々に説明がつかない」と怒り心頭だ。

 アマゾンのキンドルコンテンツ事業本部長、友田雄介(49)は「いくつか想定外のことがあったのは事実で、出版社に対応をお願いした。公式に抗議のような形で出てしまったのは残念」と話す。

 アマゾンは日本での紙の書籍の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら