[PR]

 ボタン一つで「コース」を選び、洗い方を変えることができる全自動洗濯機。コースを示すパネル部分に、「Normal(標準)」や「Quick(お急ぎ)」などと並んで、「Curry(カレー)」の文字がある。実は、パナソニックがインドで先月から売り始めた新商品だ。

 「カレー」を選ぶと、水をより強くかき混ぜることで、標準コースの約6倍の力の水流が生じる。衣服の繊維の隙間に入り込んだ汚れも洗い落とせるという。価格は今までの商品より1割ほど高い、2万2千~2万8500ルピー(約3万7400~4万8450円)。インド専用モデルで、日本で買うことはできない。

 パナソニックがインドの自社工場で洗濯機の量産を始めたのは2013年のことだ。インドでは洗濯物を川などで手洗いするのが一般的で、洗濯機の普及率は10%ほどにとどまる。その分、経済が発展すれば「大きな成長が見込める市場」(広報)でもあると期待し、工場をつくった。

 だが、節水などが特徴の日本の洗濯機をベースにした商品を投入したところ、インドの消費者から「カレーの汚れがしっかり落ちない」という不満が寄せられた。日本人社員が現地の工場や販売会社のスタッフらと約2年間、インド各地のカレーの成分分析や、生活習慣の研究に取り組んだ。その結果、カレーの汚れを落とすのに最適な水流や洗濯時間が分かったという。

 英調査会社ユーロモニターによ…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら