[PR]

 奈良時代の女帝・称徳天皇(在位764~770)と、その寵愛(ちょうあい)を受けて「法王」の座に就いた僧・道鏡(?~772)が建立した由義(ゆげ)寺があったとみられていた大阪府八尾市の東(ひがし)弓削(ゆげ)遺跡で、巨大な塔とみられる建物の基壇(土台)が見つかった。八尾市文化財調査研究会が9日、発表した。市教委や調査研究会は、文献でしか確認されてこなかった由義寺の存在を裏付ける貴重な史跡とし、保存も検討するという。

 基壇は約20メートル四方で、奈良時代後半の地層から見つかった。古代の寺院建築を研究する奈良文化財研究所の箱崎和久・遺構研究室長は「七重だったとされる各地の国分寺の塔の基壇や、現存する木造の五重塔の基壇などと比較すると、一辺20メートルの基壇には高さ60メートル級の七重塔が立っていた可能性がある」と指摘する。

 付近からは塔頂部の装飾品「相輪(そうりん)」の破片とみられる銅製品も見つかった。復元すると直径約90センチのお椀(わん)形になるという。

 発掘された礎石とみられる巨石…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら