[PR]

 収入は増えないのに支出は増える一方で、お財布はかつかつ。県の予算を10万分の1にして家計簿に例えると、苦しい懐事情が見えてきた。

 給料は155万円で上がらず、親(国)からの仕送りも前年度から2万円減らされた。自分で48万円を借り、「後で返す」という親の肩代わりをした借金(臨時財政対策債)も31万円。少ない預貯金(基金)から18万円を取り崩し、残りはわずか32万円。入り用や将来の借金返済のための口座(財政調整基金、県債管理基金)は10万円減って9万円が残るだけだ。借金総額は1098万円にまで膨らんだ。

 節約しようにもしづらい事情もある。過去の借金の返済が続き、通院・介護費(社会保障関係費)はここ最近2万~5万円ずつ増えて今年は69万円。古くなった家周り(県の施設)の修理も待ったなし。新たに何か挑戦するには、あまりお金をかけられないという状況だ。(杉浦奈実)