ベトナムに到着した天皇、皇后両陛下は1日、ハノイで歓迎行事に出席し、2日には、終戦後も日本に帰らず、ベトナムの独立戦争に関わった「残留日本兵」のベトナム人家族と対面する。元残留日本兵の一人で、日本ベトナム友好協会顧問を務める杉原剛さん(95)=大阪市城東区=は「ベトナムの歴史を知ってもらういい機会。本当の友好交流が深まれば」と話している。

 杉原さんは1945年、中国の海南島で敗戦を知り、食糧調達のため船でベトナムに行く途中、台風に遭い、ベトナム北部ナムディンに流れ着いた。そこで軍の知識を乞われ、ベトナム再統治を企てるフランスに抵抗する民族統一戦線「ベトナム独立同盟」(ベトミン)に協力することになった。

 生き抜くために、「仕方がなかった」。その一方で「ベトナムの人たちの新しい国づくりへの熱意を感じた。ベトナムの人たちは日本人の力を望んでいると切実に訴えられ、胸をつかれた」と話す。北部タインホアでベトナム人に軍事技術や訓練方法などを教えた。

 現地でベトナム人女性と結婚し、3人の男の子をもうけた。食糧は十分になく、生活は厳しかった。日本に帰国できることを知った時は「率直に言ってうれしかった」。だが妻子の帯同は認められず、三男はまだ妻のおなかの中。残していく家族が心配だったが、ベトナム側から「後は我々が面倒を見る」と言われ、54年11月、帰国の途についた。

 帰国後は、日本ベトナム友好協会の設立に参加した。ベトナムの家族とは手紙のやりとりを数回したが、73年まで国交がなかったこともあり、再訪することはなかった。帰国後に日本で知り合って結婚した妻には、ベトナムに家族がいることを打ち明けた。

 帰国して42年たった96年、生き別れた長男が来日し、再会を果たした。万感胸に迫るものがあり、「すぐに言葉にならなかった」。

 「よくここまで頑張ったなとい…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら