[PR]

 株の売却益を脱税したとして所得税法違反容疑で東京弁護士会所属の弁護士、宮本裕天(ひろたか)容疑者(34)=東京都港区=らが逮捕された事件で、大阪地検特捜部は8日、株の売却益にかかる法人税約8600万円を免れた法人税法違反の疑いで宮本容疑者ら3人を再逮捕し、発表した。

 ほかに再逮捕されたのは、投資顧問会社社長の鬼沢礼志(れいじ、49)=横浜市青葉区=と、会社員の武田敏和(48)=熊本市中央区=の両容疑者。特捜部はいずれも認否を明らかにしていない。また、特捜部は同日、3人を所得税法違反罪で起訴した。

 特捜部などによると、3人は共謀し、武田容疑者が実質的に経営する太陽光発電関連会社「J―MANAGEMENT」(東京都新宿区)が保有する別の太陽光発電関連会社(東京都)の上場株の売却などで得た所得約3億4290万円(2015年5月期)を隠し、法人税約8660万円を免れた疑いがある。

 15年7月にJ社の確定申告をした際、別の銘柄の株取引で多額の売却損が出たように装い、結果的にJ社に約4123万円の赤字が出たとする虚偽の申告書を提出したとされる。特捜部は、武田容疑者から相談を受けた宮本、鬼沢両容疑者が、こうした不正計上を指南したとみている。