[PR]

 NPO法人難民支援協会(東京都新宿区、石川えり代表理事)は9日、日本語学校と協力して、シリア難民の若者を留学生として受け入れる事業を始める、と発表した。学生は日本語学校の学費は免除されるが、家賃や生活費は自己負担する。まず今年4月、6人を迎え入れる。民間主導で海外の難民を積極的に招く試みは日本では初めて。

 シリア難民を巡っては、日本政府が今後5年で300人規模を留学生とその家族として受け入れることにしている。

 同協会によると、来日する6人はシリアからトルコに逃れていた10代と20代の難民。首都圏と関西圏にある日本語学校2校の留学生として2年間、日本語を勉強する。学校が借り上げたアパートに住む。家賃や食費などは他の留学生と同様、週28時間以内のアルバイトで得た収入で払う。

 日本までの航空運賃は難民支援…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら