[PR]

 福島県の仮設住宅で、おもちゃ店の模型を作っている人がいる。6年前の原発事故で全町民約1万3千人が避難している富岡町。その商店街で経営していた思い出の店を、50分の1の模型で残そうとしている。

 根本正彦さん(54)が経営していたおもちゃ店「ステップ・ワン」は、避難指示の対象区域の中でも、日中の立ち入りができる「居住制限区域」にあった。

 人通りの絶えた商店街。今月6日、店の解体が始まった。片付けに訪れた根本さんがシャッターを開けると、プラモデルやぬいぐるみがほこりをかぶっていた。店は解体後、更地になる。「残念だね。でも、ここが解体されたら未練も捨てられるかな」と根本さんがつぶやいた。

 35年前、富岡町にできた大型商業施設で店を始めた。町内初のおもちゃ専門店はにぎわった。2005年に町内の自宅1階の倉庫に店を移した。模型づくりはそのころからの趣味だ。量販店で買った木材を削ってパーツを作り、色をつけて組み立てる。

 土日祝日にはカードゲームやミ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら