[PR]

 「マイムマイム」や「オクラホマミキサー」など、運動会やキャンプを盛り上げる定番だったフォークダンス。衰退の一途だが、大学生らの間で復権の兆しも見えている。リズムに乗って踊れば友達の輪が広がる。アップテンポな踊りや静かな舞など、ジャンルの多様さも魅力という。

 大阪教育大(大阪府柏原市)3年生の田中嵩人(たかひと)さん(23)にとって、まもなく訪れる4月は胃がキリキリと痛む「勝負の季節」として記憶に刻まれている。この数年、存続の危機を乗り越えてきた「民族舞踊部」の部長を務める。この時期こそ、新入生に入部してもらう絶好機だ。

 勧誘のノウハウは、先輩たちや田中さんの涙の結晶だ。すぐに部名を名乗ると、民族問題などに関係する団体などと勘違いされてか、怪しまれる。気安い先輩として打ち解けてきたところで「部活、決まった?」「部活で踊ってるねん」と誘うのがコツだ。

 民族舞踊、いわゆるフォークダンス。イメージが小学校の運動会で止まっている人も多い。しかし本来は世界各地で長い歴史と伝統があり、のんびりと単調なものばかりではない。華やかな刺繡(ししゅう)の民族衣装を見せながら「ほんまもんのフォークダンス」に興味を持ってもらおうと仕掛ける。

 最大の危機は2、3年生がゼロだった5年前の春。新入部員は1人だった。

 3年前に入部した田中さんも、勧誘する先輩が「余りに悲壮な顔をしていた」のが入部のきっかけだった。踊ると、世界が開けた。魅力を懸命に伝えた。

 現部員は1~3年生で20人を超え、「奇跡」と田中さん。部員たちは「ほどよいユルさと体を動かす気持ちよさが魅力」「様々な国や地域の歴史や風土も学べる。奥深さを知ったら、はまる」と口々に話す。

 5年前に1人で入部し、今は中学校講師となった福村沙紀さん(23)は「民族舞踊は踊る技術を競うのではなく、『一緒に踊りましょう』の世界。しゃべったことがなくても一緒に踊れば友達になれる」と話す。

 京都大(京都市)の民族舞踊研究会には、バルカン地方や中近東、ポーランド、フランスなど国・地域やジャンル別に10ほどの小サークルがある。

 2月初旬の夜、部員やOB約70人が京大キャンパスに集まり、月1回の「フリパ」を楽しんだ。女性を持ち上げるリフトを取り入れたスウェーデンのカップルダンス、体を打ち鳴らすダイナミックなルーマニアの少数民族の踊り、しなやかな腰つきの中国の舞。それぞれが好き好きに踊る。

 部長の2年生、高崎泰斗(たいと)さん(22)は中学・高校時代は山岳部。多くの仲間と同じく、入部して初めて民族舞踊に触れた。「国や地域によって全然踊りが違う。自分の肌に合う踊りが楽しめる」と魅力を語る。

 踊れば現地への関心も高まる。3年生の川崎優衣さん(21)は昨夏、ハンガリーで踊りを学ぶキャンプに参加し、観光も含めて1カ月滞在。肌に伝わるコントラバスの低音に「本場」を実感した。手作りの衣装、刺繡やクロス、結婚式の髪飾り――。目にも美しい思い出として残ったという。

減る愛好家、高齢化も悩み

 フォークダンスは特定の地域や民族に伝わる踊りで、世界中に様々な種類がある。「大阪の河内音頭もフォークダンスの一つ」と日本フォークダンス連盟(東京)の担当者はいう。

 日本では1946年、米国から派遣された民間教育担当官の故ウィンフィールド・ニブロ氏が、長崎の体育教員らに指導したことで広まったとされる。娯楽の乏しい時代にあって、たちまち全国に普及。昨年10月に亡くなった三笠宮崇仁さまも愛好家の一人だった。

 だがレジャーが多様化し、15年ほど前まで全国に30万~40万人とみられた愛好家は、現在の推計で約20万人。高齢化も進む。

 2015年度の文部科学省の調査によると、ダンスが必修の中学1、2年での種目(複数回答可)は「現代的なリズムのダンス」が69%、「創作ダンス」が41・5%、「フォークダンス」は26%だった。

 危機感を抱く日本フォークダンス連盟は15年から、50歳未満の会員や学生の講習会参加費を先着で半額や無料にした。衣装・シューズの販売会社「ナロッドニー」(東京)は、フォークダンスへの関心を高めようと、イラストレーター6人と組み、6カ国の民族衣装をまとった少女キャラクターをあしらったクリアファイルを昨夏に発売。1枚500円で、通販サイト(https://narodni.official.ec/別ウインドウで開きます)で買える。(荻原千明)