[PR]

 全日本柔道連盟は9日、昨年のリオデジャネイロ五輪男子100キロ級銅メダリストの羽賀龍之介(旭化成)が、左足の人さし指を骨折したため、グランプリ・デュッセルドルフ(24~26日、ドイツ)を欠場すると発表した。

 同大会は今夏の世界選手権(ブダペスト)の日本代表選考会の一つで、羽賀にとってはリオ五輪後初めての試合となる予定だった。

 羽賀は1月23日の練習で負傷し、4~6週間の加療が必要と診断された。所属先によると、世界選手権代表選考会を兼ねる4月の全日本選抜体重別選手権での復帰を目指す。

こんなニュースも