[PR]

 衛星有料放送「スカパー!」で、昨年末からの1カ月間に約10万件の解約が発生した。全契約件数の3%にあたる。看板だったサッカーJリーグ戦の放映権を失い、今年から中継できなくなったことが大きな原因の一つとされる。背景には、スポーツの放映権料が世界的に高騰している事情がある。

 「スカパー!」を運営するスカパーJSAT(東京都港区)は今月2日、1月末の契約件数が前月比で約6万7千件減少し、約328万件になったと発表した。要因はひと月で約10万件に上った解約。小牧次郎専務は「かなりの数字。熱心なファンが多いということだと思う」と話す。

 同社は昨年12月、今月25日に開幕する今季のJリーグ戦について「放映権を獲得した会社と交渉を続けてまいりましたが、成立に至りませんでした」とホームページ上で公表。Jリーグのオフィシャルパートナー契約も解除するとした。

 スカパーに代わって放映権を得たのは英国の動画配信会社「パフォーム」社。リーグ戦は今後、同社の定額動画配信サイト「ダ・ゾーン」で生中継される。

 ダ・ゾーンは昨年8月、日本でサービスをスタート。月額1750円を支払えば、スマホやパソコンなどからJリーグの全試合や独ブンデスリーガ、F1といった、130以上のスポーツ競技などが見られるという。今月8日には、NTTドコモの利用者が月額980円で利用できるプランを発表するなど、積極的に新規顧客の獲得に動く。ソフトバンクでも昨年3月から、プロ野球や大相撲中継などで同様のサービス「スポナビライブ」を展開している。

 今回の交渉で、パフォーム社が…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら