[PR]

 大阪に「走れる女芸人」を目指す大学生ランナーがいる。大阪学院大3年の林和佳奈(わかな)(21)。大手芸能事務所の養成所のオーディションに合格したこともある。だが先日の初マラソンで、少し心変わりがあったようだ。

 1月29日の大阪国際女子マラソン。若手育成の「ネクストヒロイン」枠で出場した林は、30位でゴールした。タイムは2時間42分5秒。志水貢一監督と約束のハイタッチをかわすと、思わずへたり込んだ。「37キロからが長かった。目標の40分は切れませんでしたけど、この経験が自分を変えてくれるきっかけになったかもしれません」。満面の笑みで初マラソンを振り返る。

 京都府木津川市出身。3人きょうだいの末っ子で、姉の佳代さん(26)、兄の和男さん(24)から1文字ずつもらった。「姉ちゃんみたいにおりこうさんに、兄ちゃんみたいに面倒見のいい子になるようにって名付けたそうです。なれてるかなあ」

 小6の夏、中3で陸上部だった…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら

こんなニュースも