[PR]

 大津市の石山寺で、寺の梅園にある約400本の梅や本堂周辺に並べた盆梅を楽しむ「梅つくし」が10日、始まった。2月下旬から3月上旬に見頃を迎えるという。3月20日まで。

 会社員奥野葵さん(25)は、名古屋市から同僚3人とともに訪れ、雪がちらつく中、咲き始めた赤やピンク、白の梅を見て楽しんだ。「まだ寒いのに、花が咲いていて驚いた」と話した。

 期間中に寺周辺の和菓子店などで、梅にちなんだ菓子や料理の販売がある。寺の入山料は600円(小学生250円)。問い合わせは石山観光協会(077・537・1105)へ。(インターン尹順平)