[PR]

 福祉施設に入所していた重度の知的障害がある少年(当時15)が2015年に死亡した事故をめぐり、少年の両親が、少年が将来得られたはずの「逸失利益」を含めた損害賠償を施設側に求める訴訟を、14日に東京地裁に起こす。

 両親の代理人を務める清水建夫弁護士によると、両親は国内の平均賃金を基準に約5千万円の逸失利益を含む約8800万円を求めるという。知的障害者の逸失利益が判決や和解で一定額認められるケースはあるが、国内の平均賃金を基準に認められたことはないといい、清水弁護士は「差別のない賠償のあり方を裁判所に求めたい」としている。

 亡くなったのは、特別支援学校中学部3年だった松沢和真さん。松沢さんは15年に東京都八王子市の民間の福祉施設を出た後行方不明になり、2カ月後に遺体で発見された。施設側は、安全管理が十分ではなかった過失を認め、両親に慰謝料として2千万円を提示したが、逸失利益を含んでいないという。

 父親の松沢正美さん(60)は「息子は労働の機会だけでなく、将来の全てを失った。司法の場で、所得を基準に命の差別がされている現状の是正につながって欲しい」と話した。

 提訴について施設側は「コメントは差し控えたい」としている。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/(塩入彩、千葉雄高)