[PR]

 大阪市で車のトランクから鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(当時1)の遺体が見つかった事件で、大阪府警が近く、母親の鈴木玲奈(れな、25)と内縁の夫の大島祐太(22)の両容疑者=死体遺棄罪などで起訴=を、保護責任者遺棄致死などの疑いで再逮捕する方針を固めたことが、捜査関係者への取材でわかった。府警は琉聖ちゃんが日中数時間、車内に放置され、熱中症で死亡した可能性が高いとみている。

 捜査関係者によると、両容疑者は、昨年4月23日未明から正午ごろまで、大阪市内の屋外駐車場に止めた車の中に琉聖ちゃんと長女(4)を放置し、近くのホテルに宿泊。「戻ったら琉聖が死んでいた。長女もぐったりしていた」と供述しているという。

 司法解剖で、琉聖ちゃんは慢性的に栄養が不足した低栄養状態とされ、鑑定した複数の医師が熱中症の症状を指摘した。府警は衰弱していた琉聖ちゃんが長時間、車内に放置され、熱中症で死亡したとみている。

 両容疑者は、琉聖ちゃんが死亡…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら