[PR]

 東芝は13日、2016年4~12月期決算の純損益について、米国の原子力事業で巨額の損失を計上することで「大幅な赤字となる見込みだ」と公表した。東芝は14日の発表に向けて、決算の数値の確定作業を続けているが、関係者によると純損益の赤字額は4千億円規模に上るとみられる。

 15年4~12月期も一連の不正会計問題の影響で、純損益が4794億円の赤字だった。前年に続いての巨額赤字の計上になる。東芝は決算と併せ、米国の原子力事業の損失について経緯や再発防止策などを示す見通し。

 損失が出るのは、東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)が受注した米原発建設事業で、当初の想定より工事コストが大幅に膨らむためだ。主力の半導体事業で、中国のスマートフォンなど向けに半導体メモリーの販売が好調だったことなどから利益が想定を上回っているというが、全社では巨額の赤字が避けられなくなった。

 東芝は、3月末時点で債務超過を回避するため、半導体事業を分社化して一部の株式を売るほか、保有資産の売却や支出の抑制などの経営再建策を進めている。