【動画】今春で休校になる福島県双葉郡の5つの高校の生徒会長が将来の夢を語った

 「津島校をはじめ、3月で五つの高校が休校になります。『当たり前のこと』が当たり前ではなくなったあの日から、まもなく6年を迎えようとしています」

 「私は、中学高校の6年間、人生で一番楽しいこの6年間を、避難と転校で過ごしてきました。友人とも離ればなれになり、津島校では、たった一人の津島っ子になってしまいました。あの震災がなければ、あの原発事故がなければ、毎日そう思っていました」

 昨年12月18日、福島県いわき市のいわき芸術文化交流館アリオス。浪江高校津島校の生徒会長、柴田結美さん(18)は、ステージでスポットライトを浴びながら休校への思いを語った。2011年の東日本大震災に伴う原発事故で避難を強いられた双葉郡の五つの高校の生徒が、3月の休校を前に復活への希望を込めて校歌を歌うイベント。校歌斉唱の前に、各校の代表が母校を紹介した一場面だ。

 浪江高津島校がある津島地区は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら