[PR]

 日本の人口のおよそ2人に1人にあたる6500万人が、世界で難民・避難民になっている。難民認定を求め、日本に来る人たちも増えている。こうした人たちが寝泊まりできる施設を大阪市の民間団体が作り、初の入居者が現れた。

空き家を活用

 この「OSAKAなんみんハウス」(大阪市淀川区)は、難民支援団体「在日難民との共生ネットワーク」(通称・ラフィック)が、昨年10月に開設した。空き家を活用して欲しいと、所有者からラフィックに申し出があり実現。地元自治会にも加盟している。

 今回、住み始めたのは中東出身の男性(25)だ。

 宗教上の理由などで迫害される恐れがあったため、2015年夏、関西空港から日本に入国しようと試みた。しかしパスポートに問題があり、大阪入国管理局に不法入国で1年4カ月収容された。その後、長崎県にある大村入国管理センターに移った。収容が長期化したため、弁護士が仮放免許可を申請。ラフィックのスタッフが保証人になり、1月下旬に許可された。

 男性が日本を避難先に選んだのは、「平和で優しい国と思ったから」。出身国で、アニメ「ドラえもん」や「キャプテン翼」を見て育ち、親近感もあった。

 仮放免になったことについて聞…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら