[PR]

 重度の知的障害のある少年(当時15)が2015年に福祉施設を出た後に行方不明になり、死亡した事故で、少年の両親が14日、福祉施設を運営する社会福祉法人に約8800万円の損害賠償を求め、東京地裁に提訴した。

 亡くなったのは、特別支援学校中学部3年だった松沢和真さん。これまで知的障害者が将来得られたはずの「逸失利益」について、判決や和解で一定額認められるケースはあったが、両親は今回、和真さんの逸失利益を国内の平均賃金を基準に算出し、賠償するよう求めた。

 提訴後に記者会見した父親の正美さん(60)は「息子は将来経験するはずのすべてのものを失った。障害者に配慮する画期的な判決が出ることで、事故の再発防止と命の差別の是正につながることを祈っています」と述べた。

 提訴を受け、社会福祉法人側は「訴状を見た上で今後の対応を考えたい。現時点ではコメントを差し控える」としている。