[PR]

 3月のJR東日本のダイヤ改定に「地方切り捨てだ」という反発が千葉県の内房線沿線に高まっている。改定は館山―千葉間の日中の直通列車や特別快速の廃止、さらに減便など生活の足に大きな影響を与える形になっているためだ。自治体、住民に市議会なども加わり、抗議の声が広がっている。

 1月31日、館山市の金丸謙一市長、富津市の高橋恭市市長、沿線9市町や県総合企画部の幹部職員らが千葉市のJR東日本千葉支社を訪ねた。昨年12月16日に発表された3月のダイヤ改定の再検討を求めた。

 改定案では、日中の館山―千葉間の普通列車はすべて木更津折り返しになり、乗りかえは改善されたが直通列車は廃止される。2015年3月に廃止された特急の代わりに新設された館山―東京間の特別快速も廃止。さらに通勤通学時間帯の4本の列車が廃止や途中駅までになる。久留里線でも上総亀山駅での現在の始発、最終列車がなくなる。

 自治体側は「地域の住民に大変厳しい内容。大きく利便性が低下する」と再検討を求めた。富津市の高橋市長は昨年10月の市長選で市民の足の確保を訴えて初当選した。「この列車がなくなると通勤できないという市民も知っている。いきなり廃止ではなく車両数を減らすなど段階的にできることもあるはず」と憤る。

     ◇

 館山市議会は昨年12月19日の定例会最終日にダイヤ改定の見直しを求める意見書を全会一致で可決した。同16日にダイヤ改定案の骨格が発表されたのを受けて3日間で根回しをしてまとめた。その一人、石井敏宏市議は「利用者の声を聞こうともしないでダイヤ改定を決めてしまう。民間企業とは言っても公共交通機関。信じられない対応だ」と怒る。2年前に特急が廃止された時も同様の意見書をまとめたが、その後、運動は継続されず、沿線の足並みはそろわなかった。それだけに「黙っていると2年でこうなり、さらなる削減へと突き進んでしまう」と危惧する。

 だが、今回は少し風向きが変わ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら