[PR]

 民進党の蓮舫代表は14日、支持母体の連合傘下で、鉄鋼や造船重機などの産業別労働組合「基幹労連」(組合員約26万人)を訪れ、3月の党大会で打ち出す予定の「2030年原発ゼロ」への理解と協力を求めた。15日以降、電機連合と電力総連の幹部らとも会談する。

 党エネルギー・環境調査会長の玄葉光一郎元外相も同席し、基幹労連の工藤智司委員長らと約1時間会談した。会談後、蓮舫氏は記者団に「検討の経緯や今後の見通しを説明し、協力を求めた。丁寧な意見交換をした」と述べた。

 蓮舫氏の3産別訪問について、党幹部は「蓮舫氏自らの意向だ。手順を踏んでやっている姿を見てもらいたい」と話す。党内では電力総連出身議員らから、民進の「方針転換」に異論もあり、9日には連合出身議員らが野田佳彦幹事長あてに「慎重かつ丁寧な論議」を申し入れた。

 現在、玄葉氏中心に「原発ゼロ基本法案」(仮称)への「2030年ゼロ」の明記を検討。従来主張の「30年代ゼロ」を大幅前倒しし、次期衆院選で安倍政権との対立軸にしたい考えだ。16日には全議員を対象に議論する場を設ける。(中崎太郎)