[PR]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は16日、韓国の平昌で個人第21戦がラージヒルからノーマルヒル(HS109メートル)に変更して行われ、日本勢で唯一、2回目に進んだ竹内択(北野建設)は21位だった。優勝はマチェイ・コット(ポーランド)。葛西紀明(土屋ホーム)は35位、作山憲斗(北野建設)は36位、小林潤志郎(雪印メグミルク)は41位、小林陵侑(土屋ホーム)は43位だった。