[PR]

 住宅設備大手リクシル(LIXIL)の瀬戸欣哉社長は15日、山本公一環境大臣との面談で、「放射能の影響で(体が)大きくなった」などと述べた。面談後に報道陣に発言について問われ、「誠に不適切だった」などと釈明した。

 面談は地球温暖化対策で企業が果たす役割などに関する意見交換の場だった。冒頭、瀬戸社長の体格がよいことを山本大臣がほめた際に答えた。瀬戸社長は面談後に記者団に発言の意図を問われ、「体重が多くなってしまったことの妻への言い訳だった」と説明した。山本大臣は「発言に気付かなかった」と話した。

 環境省は東京電力福島第一原発事故による放射能汚染の影響を抑えるため、福島県などで除染を行っている。専門機関の報告書などによれば、被曝(ひばく)による人の体格への影響は確認されていない。