[PR]

 数日間、おむつは替えられず、十分な栄養も与えられていなかった――。東京・渋谷のマンションの一室で生後3カ月の女児が死亡していたのが見つかった。首には傷があった。法廷で罪に問われたのは母親ではない当時18歳の少女。赤ちゃんを死なせたのは誰か。

 1月16日、東京地裁の813号法廷で開かれた裁判員裁判の初公判。傷害致死の罪に問われた事件当時18歳の被告(21)は後ろで髪を束ね、黒のパンツスーツ姿だった。裁判長から起訴内容を確認されると「違います。私は女児の首を絞める行為はしていません」と述べ、無罪を訴えた。

 起訴内容は、2013年11月1日午前2時から6時ごろ、渋谷区内のマンションで生後3カ月の女児の首をひもで絞めるなどの暴行を加え、窒息死させたというもの。検察側の冒頭陳述や判決から経緯をたどる。

 13年8月上旬、当時17歳だった被告は長野県から上京。知人の紹介で渋谷区内のマンションの一室で暮らし始めた。この部屋では、女子高生の格好をした女性が客にマッサージなどをする「JKリフレ」が営まれており、被告もここで働くつもりだった。

 部屋にはすでに男女2人の住人がおり、1人は被告と同い年の女性だった。数カ月前に高校をやめていたという。3人で暮らし始めて2週間後、生後1カ月の女児を連れた19歳の母親が共同生活に加わった。母親は風俗関係の仕事をしていて外出が多く、被告ら少女2人が「2、3日だけだから」と女児の世話を頼まれた。2人とも育児経験はなかった。

 証人尋問。被告と同居し女児の世話をしていた女性が当時の気持ちを述べた。

 女性「3日間で終わらず、いつまで面倒をみればいいのかと多少の不満がありました」

 弁護人「積極的に面倒をみたい気持ちは」

 女性「ありません。自分の子どもではないから」

 女児が部屋に来てから「JKリフレ」の営業はできなくなり、女児の母親が生活費を出した。母親は帰宅しなくても時折、おむつや粉ミルクなどが入ったポリ袋を玄関ドアにぶら下げた。被告らはミルクを哺乳瓶で与え、おむつを替え、入浴もさせていた。

 共同生活が始まってから2カ月後の10月4日、同居の男性が逮捕され、部屋で暮らすのは17歳の少女2人と母親だけに。「子どもが子どもを育てる異常な状態」(弁護人)となった。

 その後、以前ほど生活費が入らなくなり、被告と同居の女性は小遣いを稼ぐため、女児を置いて外出するようになった。寝ている女児に哺乳瓶をくわえさせ、泣き声が周囲に響かないよううつぶせ寝にした。おむつはくさいが、きつくなれば換える程度になった。

 被告人質問。

 検察官「女児の口をふさいだり、首を絞めたりしたのか」

 被告「はい、口と鼻をふさぎま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら