幼児が歯磨き中に転んで歯ブラシでのどを突く事故が多発しているとして、消費者庁は15日、注意を呼びかけた。メーカー側は、柄が曲がるブラシなど安全対策に取り組み始めている。

 6歳以下の事故は、2010年12月からの6年間に医療機関から消費者庁へ寄せられただけで139件。ブラシをくわえたまま歩くなどして転倒したケースが7割近くを占め、「ソファなどから転落」、「ぶつかる」が続く。年齢別では1歳児が64件と最多だった。14年には、1歳児がベッドで歯磨きをしていたところ転倒。歯ブラシがのどに刺さり、3日間入院した。

 この数字とは別に、東京消防庁が、11年1月から昨年2月までに5歳以下の子どもを救急搬送した事例数をまとめたところ、217件あり、毎年約40件にのぼることが分かった。

 有識者で作る東京都の協議会は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら