[PR]

 パン生地を先端に巻き付けた竹ざおをコンロの炭火にかざし、焼きたてにジャムやマーガリンを塗ってかぶりつく。青森市のお祭りやイベントでおなじみの「棒パン」だが、どうやら市外では一般的ではないようだ。そのルーツとは!?

 5日午前。晴天に恵まれた青森市の青い海公園では、高さ6メートル超の大型滑り台が目玉の冬祭りの一角で、その光景が見られた。1本200円のパン300個が1時間ほどで売り切れるほどのにぎわいだった。

 「同じ火のところでぐるぐる回すんだよ」。十和田市から来た会社員、坪利也さん(41)は、初挑戦の長男の海瑠(かいる)君(4)に優しい口調で焼き方を教えていた。さぞベテランかと思いきや、地元では見たことがなく、こうしたイベントで青森市に来た時だけ参加しているという。「人混みの中で食べる雰囲気がまたおいしくさせます」

 一方、青森市の会社員、張間久美子さん(33)は「小さいころから、お祭りといえば、という感じで当たり前にありました。ソウルフードですね」と笑顔だった。

■北欧発?雑誌ヒント

 棒パンのルーツをたどって取材を進めていくと、あるパン製造会社に行き当たった。「赤田パン」(青森市幸畑)。赤田憲裕専務(72)は「青森ではうちが一番早く始めた」と話す。製造を始めたきっかけは三十数年前、知人の松森隆さん(64)からの頼まれごとだった。

 松森さんは当時、青森青年会議所(青森JC)の理事として、青森市の合浦公園で開く子ども向けのイベントを企画していた。たまたま目にした雑誌に棒パンの写真が載っており、「おもしろそう」と赤田専務に生地の製造を相談した。松森さんによれば、写真は関東地方で撮影されたものだったというが、「北欧が発祥」との記述もあったという。

 パン食文化の普及を進める日本パンコーディネーター協会(東京)は棒パンについて、「北欧から伝わったという話もあるが、はっきりとした根拠はない。遊びから生まれたもので、文化や伝承の中で行われたものではない」と話す。

■「協会」が普及へ活動

 この棒パンを青森市の「名物」として広めようとする動きもある。

 2015年2月には、県職員の間山創(はじめ)さん(30)が「日本棒パン協会」を発足させた。今のところ会員は青森市で生まれ育った間山さんただ1人だが、棒パンがあまり一般的ではない地区に出張ってイベントを開催。昨年10月にはむつ市のカフェで振る舞い、盛況を博した。

 棒パンの歩みについて、間山さんは、市中心部で青森JCが始めた棒パンを、大人が学校行事の際にまねるようになり、次第に校区を軸に広がった、とみる。「棒パンが青森市民の誇りとなれば」と思いを語る。

 青森駅前の商業施設「アウガ」に入るパン店「レコルト」は、棒パンに必要な竹ざおとコンロのセットを有料で貸し出している。「レンタルをやっているのはうちの店だけ」と谷川麻衣子店長(35)。イベントに出店した際「自宅でもやりたい」との声があり、レンタルを思いついた。

 昨夏は十和田市在住の客からの依頼もあったといい、「市外にも広がっている」と実感している。2月末のアウガ閉店後も、移転先でもレンタルは続ける予定で、竹ざおだけの貸し出しも検討しているという。(中野浩至)