[PR]

 神戸市は新年度、市営地下鉄の中学生以下の利用者を対象に、運賃を期間限定で無料にしたり、通学定期の適用範囲を拡大したりする方針を決めた。地下鉄の利用促進と子育て世代の支援が目的という。

 中学生以下が無料となるのは、海岸線の三宮・花時計前―新長田間。社会実験として今年7月から来年3月まで実施する。身分証などで中学生以下と証明できれば、市民だけでなく市外在住者や外国人旅行客らも利用できるようにする。海岸線は2001年の開業から利用客が伸び悩んでおり、累積赤字は約880億円に上る。市交通局は「結果を見た上で無料化など今後の方針を検討したい」としている。

 また、市営地下鉄の全線で、通学定期と同じ割引率の「U―15定期券」を発売。これまで対象外だった学習塾や習い事でも、中学生以下なら利用できるようにする。これについては18年度以降も継続する方針だ。

 神戸市の人口は減少傾向が続き、15年の国勢調査の速報値(153万7860人)は福岡市に抜かれ、20ある政令指定都市で5位から6位に転落した。(金井和之)

こんなニュースも