[PR]

 北朝鮮の故金正日(キムジョンイル)総書記の長男、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、15日に逮捕された女が取り調べに対し、「自分は旅行者で、いたずら目的で(正男氏に)スプレーを吹きかけた。殺害するつもりはなかった」などと供述した。中華系マレーシア紙「東方日報」(電子版)がマレーシア警察幹部の話として伝えた。

 女はベトナム旅券を持つドアン・ティ・フォン容疑者(28)。旅券にはベトナム北部ナムディン出身と記されている。また、マレーシアの国営ベルナマ通信によると、マレーシア当局は16日、新たにインドネシア旅券を持つ女、シティ・アイシャ容疑者(25)を逮捕した。

 東方日報によると、フォン容疑者は調べに対し、友人の女と、男4人とともに観光目的でベトナムからマレーシアを訪れたと説明。事件当日の13日にクアラルンプール国際空港に到着後、男4人から「乗客の1人にいたずらをしようと持ちかけられた」とし、スプレーを吹きかけるよう指示されたと供述したという。

 空港に設置された監視カメラの…

有料会員に登録すると全ての記事が読み放題です。

初月無料につき月初のお申し込みがお得

980円で月300本まで読めるシンプルコースはこちら