[PR]

 自宅で母親(47)を刺殺して遺体を物置に遺棄したとして、三重県四日市市の県立高校3年の少年(18)が殺人と死体遺棄容疑で逮捕された事件で、少年が「受験のことで母親と口論になって刺した」と供述していることが県警への取材でわかった。県警は16日、少年を同容疑で送検した。

 少年は14日午後、自宅で母親の首をナイフ(刃渡り約12センチ)で数カ所刺すなどして殺害し、遺体を庭のプレハブの物置に遺棄した疑いがある。司法解剖の結果、母親の死亡推定時刻は同日午後2時ごろで、死因は失血死だった。遺体には刺し傷のほかに首を絞められた痕や頭部を鈍器で殴られた傷があった。

 捜査1課などによると、少年が14日午前、2階の自室から1階のリビング兼台所へ下りたところ、母親から受験のことで小言を言われ、口論になった。少年がいったん自室へ戻り、昼過ぎに再度リビングへ行くと、母親と受験を巡って再び口論になり、台所にあったナイフで刺したと供述しているという。

 同日夜に帰宅した少年の父親(48)が血痕に気づいて捜したところ、物置内に仰向けで倒れている妻を発見した。血痕は1階のリビングから玄関にかけて数カ所に残っていた。少年は「遺体を隠すのに物置に運んだ」と供述しており、床の血痕を拭き取ったり、庭の血痕を水で流したりした形跡があるという。(国方萌乃、小川尭洋)