[PR]

 酒に酔って昏睡(こんすい)状態の少女に集団で性的暴行を加えたなどとして、埼玉県警は16日、船橋中央病院(千葉県船橋市)の研修医、上西(かみにし)崇容疑者(31)=船橋市海神6丁目、準強姦(ごうかん)罪で公判中=ら3人を集団準強姦の疑いで逮捕、送検したと発表した。

 ほかに逮捕されたのは、東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)の研修医松岡芳春容疑者(31)=港区西麻布4丁目=と、東邦大医学部(東京都大田区)の大学生柁原龍佑(かじわらりゅうすけ)容疑者(25)=大田区大森西3丁目。上西、松岡両容疑者は黙秘し、柁原容疑者は容疑を認め「先輩(松岡容疑者)に誘われた」と供述しているという。

 発表によると、3人は昨年4月30日午後10時35分ごろ、上西容疑者が千葉県の住所とは別に借りていた大田区の部屋で、酒に酔って昏睡していた都内在住の10代後半の少女に集団で性的暴行を加えた疑いがある。上西容疑者は同じ夜に1人でもこの少女に性的暴行をしたほか、別の10代後半の少女にも、昏睡中に性的暴行を加えたとして準強姦容疑でも逮捕された。

 当時、室内にはほかにも男女数人がいたが、県警は事件には関与していないとしている。

 県警吉川署などによると、上西容疑者はこの日の逮捕容疑以外に、昨年7~9月、東京、神奈川、埼玉各都県の計5人の20代女性に性的暴行を加えたなどとして、同10月以降、計6件の容疑で逮捕され、準強姦罪などで起訴されている。松岡容疑者もこのうち1人への容疑で同12月に逮捕されていた。

 大学などによると、上西、松岡両容疑者も東邦大出身で、2人は大学のサークル仲間。柁原容疑者は松岡容疑者と知り合いという。上西容疑者らが知り合いの女性らに「飲み会をやろう」などと声をかけて、大田区西蒲田8丁目の部屋に誘っていたという。

 上西容疑者が埼玉県の20代女性に性的暴行を加えたとされる事件の裁判の冒頭陳述によると、上西容疑者は大田区の居室を、酒瓶を置いたり照明を取り付けたりして飾っていた。室内の画像をメールで女性に送って「レンタルラウンジ」と説明し、バーベキューパーティーをしようと誘ったとされる。

 昨年9月、マンションに女性や知人らが集まり、上西容疑者は暴行目的で女性らに罰ゲームなどの名目で多量の酒を飲ませ、熟睡した女性に暴行。その様子を自分の携帯電話で撮影していたとされる。