[PR]

 横浜市港南区で昨年10月、集団登校中の小学生の列に軽トラックが突っ込み、1年生の男児が死亡した事故で、横浜地検は16日、軽トラックの運転者で自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕された無職男性(88)について、処分保留のまま釈放したと発表した。現時点では起訴できるほどの証拠がなく、引き続き在宅で調べるという。

 男性は神奈川県警による逮捕後の調べに、「ゴミを捨てに家を出たが、帰れなくなった」「どこを走ったか覚えていない」などと供述。事故前後の状況について説明があいまいだったことから、昨年11月11日から今月10日まで、精神鑑定のため留置を受けていた。地検は認知症の有無については「コメントしない」としている。

 これまでの調べでは、男性は昨年10月27日朝、自宅を出発。神奈川県内と東京都内の高速道で出入りを繰り返しながら断続的に走り続け、自宅周辺も素通りした末、翌28日午前8時5分ごろに事故を起こした。田代優(まさる)君(当時6)が亡くなり、1~5年生の児童4人を含む6人が重軽傷を負った。男性も肩の骨が折れるけがをした。(古田寛也)