[PR]

 愛知県常滑市のコンビニエンスストア店内で販売中のおでんを指で触り、店の業務を妨害したなどとして威力業務妨害容疑などで逮捕された無職男性(28)と、動画を撮影し、同容疑で書類送検されていたパート女性(28)について、名古屋地検半田支部は16日、2人を不起訴処分としたと発表した。処分はいずれも15日付。地検は詳しい処分理由を明らかにしていない。

 男性は昨年11月28日午前0時過ぎ、店内のおでんケースに指を数回入れ、おでんを売り物にならない状態にするなどした疑いで県警に逮捕された。男性が具材を「ツンツン」と言いながらつつく動画は、インターネット上に投稿され、男性への批判が出ていた。

 男性の弁護人によると、男性は世間を騒がせたことを反省し、店側と示談が成立していたという。