[PR]

 16日に開幕したフィギュアスケートの四大陸選手権。17日にショートプログラム(SP)がある男子は練習用リンクで公式練習を行った。羽生結弦(ANA)は、フリーの曲をかけて演技を通した際、4回転やトリプルアクセル(3回転半)ジャンプを跳ばず、スケーティングを重視して滑った。練習の40分間を通じてジャンプの本数は普段より少なめ。4回転は、練習時間終了間際に何本か試し、サルコーやループを跳んで着氷した。

 宇野昌磨(中京大)はフリーの曲をかけて演技を通し、4回転ループと2度の4回転トーループを着氷。4回転フリップでは転倒した。田中刑事(倉敷芸術科学大)は前日よりも調子を上げており、トリプルアクセルや4回転サルコーを決めていた。(後藤太輔)