[PR]

 筋肉を鍛える目的で、腹部などに装着するトレーニング器具「シックスパッド」の模倣品を販売したとして、愛知県警は16日、中国籍で千葉市中央区汐見丘町、専門学校生許翔博容疑者(24)を商標法違反(商標権の侵害)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 中村署によると、許容疑者は他者と共謀して昨年10月11日ごろ、インターネットオークションを通じて、愛知県瀬戸市の30代の自営業男性にシックスパッドの模倣品1点を2万1千円で販売した疑いがある。県警は許容疑者の自宅から模倣品2点を押収した。模倣品には本物に似せた商標が付けられていたという。

 シックスパッドは、腹部や腕などに装着し、電気刺激を利用して筋肉を鍛える効果があるとされるトレーニング器具。美容機器メーカー「MTG」(名古屋市中村区)が製造、販売している。サッカーのポルトガル代表、クリスティアノ・ロナルド選手が出演するCMでも知られる。

 同社は昨年1月、模倣品の販売が見つかったとして、ホームページ上で注意を呼びかけていた。同社によると、模倣品は正規品に比べ、電圧が数倍高いものもあり、人体に危害を与えるおそれがあるという。