[PR]

 交際相手の息子(生後5カ月)に暴行して死なせたとして、沖縄県警は16日、同居していた沖縄県宜野湾市我如古(がねこ)1丁目の建設作業員、真栄田宗諒(まえだむねあき)容疑者(25)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。暴行について「やったかもしれない」と話しているという。

 宜野湾署によると、真栄田容疑者は昨年7月19日午後11時過ぎから翌20日午前0時過ぎの間に、交際相手の自宅アパートで、金城唯希弥(ゆきや)ちゃんの頭に暴行を加え、頭蓋(ずがい)内損傷を負わせて死なせた疑いがある。唯希弥ちゃんの母親は当時、留守だった。

 真栄田容疑者が「意識が無く、様子がおかしい」と119番通報し、唯希弥ちゃんは病院に運ばれたが、低酸素脳症によって翌月、死亡した。